整形外科医oceanaidのブログ

中堅整形外科医の視点でいろいろ書いていきます。

スポンサーリンク

腰痛や脚の痛みの原因となる「腰椎椎間板ヘルニア」について整形外科医が解説してみました

こんにちは、中堅整形外科医oceanaidです。

 

今回は腰痛、脚の痛みの原因となる「腰椎椎間板ヘルニア」についてお話していきたいと思います。

 

腰痛についてはこちら 

脚の痛みについてはこちら

f:id:oceanaid:20190716142422g:plain      

 

 

腰椎椎間板ヘルニアとは?

背骨は医学的には脊椎と呼び、首の骨(頚椎)が7個、背中の骨(胸椎)が12個、腰の骨(腰椎)が5個、縦に重なっています。

f:id:oceanaid:20190716125549j:plain

そして、その骨と骨の間には椎間板という円板状の組織があります。

椎間板は上下の骨を連結し、背骨の支持性と運動性を担っており、体の重みや衝撃の吸収・緩衝という機能も併せ持っています。

 

また、背骨の中には脊髄という神経が通っており、その脊髄から枝分かれした神経(神経根)が手足に巡っています。

 

椎間板ヘルニアとは、椎間板が横や後ろに飛び出して、脊髄神経根を圧迫することで痛みを起こす疾患です。

 

特に腰骨の椎間板が飛び出したものを、腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

 

重いものを持ち上げたり、スポーツで負荷がかかったりして発症する例が少なくありません。

 

誰に起こりやすい?

20歳台、30~40歳台、次いで10歳台、50~60歳台の活動性の高い男性に多いです。

 

症状は?

多くの場合は、腰痛片側の脚の痛み、同部位のしびれです。

 

重いものを持ち上げた後など急に発症する場合は、動けないくらいの腰痛が数日持続し、腰痛が軽くなるにつれて片側の脚の痛みとしびれが目立ってきます。

 

ヘルニアが大きなものでは両脚の筋力低下しびれ排尿障害(尿がでない、残尿がある、尿漏れがあるなど)が急激に出現することもあります。

 

慢性的にゆっくり発症するタイプは、同じ姿勢を続けると腰やお尻、脚の重苦しいような痛みが出現します。

 

診断は?

仰向けに寝て、脚の伸ばしたまま上に持ち上げると脚に痛みが走る場合はヘルニアによる神経の圧迫が疑われます。

画像検査ではMRIが有用です。

MRIでは椎間板が実際に飛び出しているかどうか確認できます。

(ただし、椎間板が飛び出していても症状がないこともあります。無症状の椎間板ヘルニアは30%前後存在しているとの報告もあります。)

 

治療は?

通常、ほとんどの方は保存療法(手術を行わない治療)で3か月以内に症状が改善します。

これは、飛び出した椎間板が3か月程度で吸収されてしまうためです。

 

では、保存療法とはどのようなことを行うかというと、

  1. 安静(痛みの程度に応じて活動量を制限する、安静にしすぎは逆に良くない)
  2. 薬(鎮痛薬、筋弛緩薬、抗うつ薬などを併用)
  3. ブロック注射(痛みが激しい時期に神経根ブロック注射を行う)
  4. コルセット(腰の支持性を強化して、負担を軽減する)
  5. 体操療法(腹筋や背筋を強化し腰の支持性を上げる、やりすぎ注意)
  6. 日常生活の指導(痛みが強い時期は体をひねらない、重いものを持たないなど)

などがあります。

 

一方、一部ではありますが手術療法を要する方もいらっしゃいます。

 

手術が必要と判断される症状としては、

急激に進行する脚の麻痺(例えば下垂足;足首を反らせることができなくなり、つまずきやすくなる)や、前述の排尿障害が出現する場合、保存療法が無効な場合などです。

 

その他、「はやくスポーツ復帰したい」、「はやく仕事に復帰したい」、「はやく痛みから解放されたい」など患者さんの社会背景や、希望がある場合も相対的に手術の適応となります。

 

ただし、相対的適応の場合は、長期的には手術をしようがしまいが、治療成績には差がないと言われています。

 

手術は顕微鏡や内視鏡を用いて小さな切開で、飛び出した椎間板を摘出する顕微鏡下・内視鏡椎間板ヘルニア摘出術が広く行われています。

 

以上、今回は「腰椎椎間板ヘルニア」についてのお話でした。